2024.01.21 音けっとにて 新譜『藍色のユメ』が頒布開始になります!

【2023秋M3】新譜『Garden of Nature Piece』&参加作品紹介

2023/10/29開催の秋M3が近づいてきました!
皆さま、いかがお過ごしでしょうか?
私、空華オキは、大変ありがたいことに、今回6サークル様の作品に参加させていただきます!
それぞれの作品について、簡単にご紹介させてください!

Garden of Nature Piece(コ-35a/Web 赤-034 Sounds Cocktail)

まず1作品目は、Ishikawaさんとのユニット、nil-Glassの5枚目のアルバムとなる『Garden of Nature Piece』です!

nil-Glassとは私、空華オキがボーカルとバイオリン、Ishikawaさんが作編曲・ギター・ベース・mix・masteringをメインで担当しているユニットです。
(Sounds CocktailさんはIshikawaさんのサークルですが、最近ではほとんど≒nil-Glassみたいになってます…笑)
私は全6曲のボーカルと、2曲目以外のバイオリン演奏、作詞1曲、ジャケットデザイン等を担当しました!
ジャケットと盤面のデザインはこんな感じです。

特殊紙を使って絵画っぽい仕上がりにしてみました。
盤面は前作に引き続きキラキラ仕様になっています!

『Garden of Nature Piece』のモチーフは庭園、なのですが、この庭、ただ美しいだけの庭ではなく、訪れた者に様々な世界を見せるようで…???
今回も、作詞の久遠真雪さん&悠貴さん、ボーカルのShukaさんと、私の愛してやまない素晴らしいゲストの方々をお招きして、バラエティ豊かな楽曲をお届けします!

  1. 深潭への誘い手
    作詞: Ryoichi Ishikawa/作曲: Ryoichi Ishikawa
    ボカロ民族調曲投稿祭で京町セイカさん版を先行公開していた楽曲の空華オキ歌唱バージョンになります(コーラスも私が担当しています)。
    どこまでも深い木々の群れへ誘う女性についていくと…?
  2. Road of Thorns
    作詞:  Ryoichi Ishikawa/作曲: Ryoichi Ishikawa
    2曲目にして突然の厭世的なハードロック曲です。大変なところに誘われてしまった。
    過去にIshikawaさんがリリースした同名楽曲の空華オキバージョンになります…が、ギターやベースを含めて完全に新録です(コーラスも足しちゃいました)。
    Ishikawaさんによる重ためバンドサウンドをぜひお楽しみください!
  3. any madness end
    作詞: 悠貴/作曲: Ryoichi Ishikawa
    ゲストの悠貴さんに作詞をしていただいたゴシックロック曲です!
    狂気にあふれる世界に救いはあるのか…そして庭園との関係は?
    ぜひブックレットでじっくり歌詞を見ながら味わっていただきたい楽曲です!
  4. 花に、生きる
    作詞: 空華オキ/作曲: Ryoichi Ishikawa
    ミディアムテンポのしっとりとした和風ロック楽曲です。作詞は私が担当しました。
    咲く花の美しさ、流れる時――春の一幕の情景に、想いをのせて。
  5. 愛しい君の名前と feat. Shuka
    作詞: 久遠真雪/作曲: Ryoichi Ishikawa/Chorus Arrange: 御神楽朱夏
    ゲストの真雪さん、Shukaさんをお招きした幻想的な民族調風ツインボーカル楽曲です。
    コーラスアレンジはShukaさんにご担当いただきました!
    楽曲中には架空言語コーラスも!私とShukaさんによる相性ぴったりのハーモニーをぜひお楽しみください…!
  6. 季節の舞うこの庭で
    作詞: 久遠真雪/作曲: Ryoichi Ishikawa
    こちらもゲストの真雪さんに作詞いただいた、爽やかながらあたたかみのあるポップス調の楽曲です。
    ふと振り返ったときに、そこにあるのは…?庭園に満ちる想いを、ぜひ、受け取っていただけたら嬉しいです!

美しい導き手に誘われた庭園で、待つものとは一体…糸織貝さんによる美麗なアートワークとともに、ぜひアルバムの世界をお楽しみいただけたら嬉しいです!🌹

『Garden of Nature Piece』はBOOTHでのお取り扱いも開始していますので、通販派の方はこちらをぜひ!
https://cln515.booth.pm/items/4263307

M3当日は、Ishikawaさんと交代でSounds Cocktailさんのスペース(第ニ展示場2階 コ-35a)で売り子をしているかと思いますので、よろしければお声かけいただけたら嬉しいです!✨
M3会場、また通販でみなさまにお会いできることを楽しみにしております…!

Melodia -時を結ぶ女神-(ク-29a/ 黒-042 Lazwardさま)

秋M3ではもう1作品、制作全体に関わっていた作品が頒布開始になります!
それがこちらのコラボ新譜、『Melodia -時を結ぶ女神-』です…!

あのMusaduceが帰ってきた…!!!
・Music&Arrange:らずりP
・Lyric:久遠真雪
・Vocal:空華オキ、柚理しょうこミドリノハサミ
の5名でお送りする、民族調コラボCD第2弾が頒布開始になります!(第1弾はこちら

今度の女神たちは時の女神!ということで、ボーカルの3名がそれぞれ朝・昼・夜の女神となってお届けする今作、私は朝の女神を担当しています!
そしてなんと今回は、ボーカルそれぞれがソロ曲の一部の作曲もさせていただきました!
しょうこさんは昼の女神、ミドリさんは夜の女神を担当されているのですが、三柱の女神の性格も曲調も全然違っていて、それぞれの持ち味を存分にお楽しみいただける構成になっているかと思います!
真雪さんによる女神たちの愛と眼差しを描いた詞の世界、バイオリンとクラリネットの演奏、多重コーラスがらずり節にまた新たな彩りを加え、コラボならではの醍醐味を味わえる一枚です!✨
(ちなみに今回、私はバイオリンでは全曲参加させていただきました!1作品通してすべて弾かせていただいたのは初めてだと思います🎻)

こちらの『Melodia -時を結ぶ女神-』も通販予約が開始になっておりますので、通販派の方はぜひ!
https://elazuri.booth.pm/items/5194681

青い月の夢と赤い星の花(P-13b ちいさな家さま)

前2作品でも大変お世話になっている久遠真雪さんのサークル、「ちいさな家」さまからも新譜『青い月の夢と赤い星の花』が秋M3にて頒布開始になります!
こちらの作品では、私は2曲目の「金魚花火」のボーカルとして参加させていただきました!

こちらの『青い月の夢と赤い星の花』に収録されている楽曲は、いずれも幻想的で切なさたっぷりの楽曲たちなのですが、私が参加させていただいた「金魚花火」は一瞬の生命の輝きの美しさを切り取ったような世界観の楽曲になっています。
作詞は真雪さん、そして作編曲はボカデュオの「不凋花のアスフォデル」などでこれまでもたくさんお世話になっているりまちさんです(りまちさんはこの曲でM3デビューになります!)

りまちさんは民族調やファンタジー音楽を中心に活躍されているボカロPさんで、「不凋花のアスフォデル」が初めて公開された人間ボーカル曲となったのですが、実はこちらの「金魚花火」のほうが企画としては先に着手していたのでした。
これまでりまちさんはコラボでの楽曲制作はされていなかったのですが、真雪さんと私のラブコールに根負け(?)する形で、詞先&人間ボーカルという初めての試みにチャレンジしていただくことになりました!
が、本当にこの「金魚花火」、本当にいい曲すぎてですね…りまちさんの熱意も本当に素晴らしくて…一体曲を聞きながら何度泣かされたことか…。
真雪さんも原型となる詞に私のイメージを加えて「金魚花火」の形に磨き上げてくださったとのことで、ひたすら情緒を揺さぶられながら収録に挑みました。
(お2人にはこの曲を歌えることが幸せすぎる…とずっと言ってました…本当に感謝しかないです…)

他の収録曲も息を呑むくらい美しく繊細な曲たちばかりで…特にファンタジー音楽がお好きな方にはぜひお手にとっていただきたい1枚です!

こちらの作品の通販は、M3終了後にこちらのBoothでお取り扱い予定とのことです!
https://lastart.booth.pm/items/5162814

Lhyndhus・El・Carol ~緑育む琥珀の宴~/Laxta・El・Lucris ~光と闇の円舞曲~(Web黒-002 移動式夢現社殿 瑠璃ノ社さま)

秋M3参加作品のご紹介、ここからはコーラスで参加させていただいた作品のご紹介になります!
まずは、『Garden of Nature Piece』にもご参加いただきましたShukaさんのサークル、移動式夢現社殿 瑠璃ノ社さまの『Lhyndhus・El・Carol ~緑育む琥珀の宴~』です…!

こちらの2曲目「稔り唄」にて、村人コーラスの一員として参加させていただいております!(シュマルの村人達)
もし地を這うような感じの低ーい女性の村人の声が聞こえたら、たぶん私だと思います…!(笑)

昔話を思わせるような土の香りのする和風ファンタジー的楽曲で織りなされている今作ですが、毎回衝撃的な展開をみせている人魚シリーズの第3弾とのことで、ジャケットに登場している可愛らしいリンディスちゃんが一体どんな物語を繰り広げるのか、ドキドキで目が離せません…!

そしてもう1作品、厳密にはM3新譜ではないのですが、今月開催されたNEOKET5の新作ということでほぼ新譜となる準新譜Laxta・El・Lucris ~光と闇の円舞曲~についてもご紹介させてください!

こちらの『Laxta・El・Lucris ~光と闇の円舞曲~』では、私はShukaさんとのツインボーカルとして「円舞-World of Light World of Darkness-」「調和-Eclipse-」の2曲に参加させていただいております!
光と闇の女神が織りなす、戦いと調和の世界……2柱の女神は、何を思い、願ったのか――。
ファンタジー音楽や架空言語、そしてアカペラ楽曲でお送りする壮大な神々の物語をぜひご堪能ください!!

『Lhyndhus・El・Carol ~緑育む琥珀の宴~』『Laxta・El・Lucris ~光と闇の円舞曲~』ともに、通販のみでのお取り扱い(ダウンロード版あり)とのことですので、ぜひ移動式夢現社殿 瑠璃ノ社さまのBoothをチェックいただけましたら幸いです!
https://rurino-yashiro.booth.pm/

RAPSODIA(J-09ab/Web黒-021 Pastel Tone Musicさま)

M3秋でコーラスとして参加させていただいた新譜の2作品目は、Pastel Tone Musicさまの5周年記念ファンタジーベストアルバムCD『RAPSODIA』です!

Pastel Tone Musicさまの5年間の活動の軌跡がぎゅぎゅっと詰まったこちらの作品にて、新規書き下ろし楽曲となる17曲目の「夜明けへ辿り着く詩」のコーラスとして参加させていただきました!
ドラマティックで荘厳な楽曲は、5周年の先の、次の物語への夜明けを感じさせるかのよう…!
その他の楽曲も、新規書き下ろし楽曲や、リマスタリング版など、これまでのファンの方にも、初めてPastel Tone Musicさまの音楽に触れられる方にも嬉しい1枚になっています!

Boothでの通販受付再開は、11月中旬~を予定されているとのことです!
https://pasteltone-music.booth.pm/items/5121383

Maple Leaf BOX II(お-17ab しちごさん。& canoueさま)

最後にご紹介するのは、公募コーラスとして参加させていただいた霜月はるかさんの同人音楽活動20周年記念ベストアルバム『Maple Leaf BOX II』です!

コーラスで参加させていただいたのは、14曲目の「エルダリア〜祈り咲く森〜」という楽曲になります。
私はアルトパート(女声の一番低いパート)で参加させていただきました。
こちらは今回のアルバム書き下ろしで、霜月はるかさんの「ティンダーリアの種」シリーズの別の樹のお話を描いた楽曲になります。
霜月さんが日本語の歌詞を、そしてコーラス隊はアリア語(架空言語)を歌わせていただきました。

霜月はるかさんといえば、同人音楽を愛する人なら誰でも知っている歌姫&ご自身で作詞作曲も手掛けられるマルチクリエイターさんであり、私自身もすっと楽曲を聴かせていただいてきた憧れの存在だったので、まさかこんな機会をいただけるとは思いもよらず…今でもまだ夢のようではありますが、霜月さん、そして編曲の岩垂さんのディレクションでのスタジオ収録は一生の思い出になりました!

こちらの『Maple Leaf BOX II』は、一般発売は11/20とのことですが、M3を含めたいくつかのイベント、および公式通販(Booth)では購入特典付きでひと足早くお手にとっていただけるとのことですので、ぜひこの機会にチェックいただけたらと思います!
https://hiyatsukin.booth.pm/items/5120802

タイトルとURLをコピーしました