これまでの参加作品の情報やサンプル音源等はこちら!

【ミュートピア Vol.4】「雨の果て、祈りの歌を。」について

2021年6月5日(土)13:00〜23:00に開催される、Music Utopia(ミュートピア)vol.04にて、参加作品がいくつか頒布されます!

そのうちの1つ、「雨の果て、祈りの歌を。」について少しご紹介したいと思います!
「雨の果て、祈りの歌を。」の試聴はこちらのツイートから↓

こちらは
作曲編曲:らずりP
作詞:永久毎日
ジャケット絵:琴水さやは
Vocal:たねまき柚理しょうこ琴水さやは幸野綺華、空華オキ
バイオリン:空華オキ
の総勢7名による、ミュートピアのTwitterコラボタグ発の民族調楽曲作品になります!

本日のミュートピア期間限定で、らずりさんのサークル「Lazward」(さ8)にてフルバージョンとピアノのインストバージョンが無料配信となっていますので、ぜひぜひDLして聴いていただけたらうれしいです!
お持ち帰りはこちら(「「トルコ石の囁き」出張所!」様 Booth)https://elazuri.booth.pm/items/3021136

と、前置きはここまで。

ここからは楽曲のネタバレがふんだんに含まれた感想になりますので、ネタバレは嫌だな~という方は一旦閉じていただくことをおすすめします!

今回の楽曲、それぞれがどこの部分の歌唱を担当しているのかはらずりさんのFANBOXの記事にも書かれていらっしゃるのですが(6/5中は全体公開だそうです)、ここでは私から見たイチオシポイントを書かせていただきたいなと思います!

◆たねまきさん
・何といってもサビ!主旋律もハモも最高です!(私の中ではサビの女王だと思っていました)
・実はこの曲の主旋律はたねまきさんで始まってたねまきさんで終わるのですが、何かあってもたねまきさんのお声がまとめてくださる、という大変な安心感がありました!

◆柚理しょうこさん
・ご一緒する箇所がいっぱいあって幸せだったのですが、特に2番の入りのところがイチオシです!
・時たまソロパートで聴けるかわいい柚理さんのお声にドキドキしました!

◆琴水さやはさん
・「満ち過ぎた~」など私がハモに回らせていただいた箇所の音色のバランス感が絶妙でこれぞコラボの醍醐味!となりました!
・「朽ちる刹那さえ歌いましょう」の言葉の響きがまさに「朽ちる」という語感の色がして好きです!

◆幸野綺華さん
・サビでご一緒した箇所の落ちサビ感が最高に好きです。私だけではこの表現は出せない…!
・2番の幸野さんがリードで入っていく「きらり~」のところのきらめきがグッときます!たねまきさんとのお2人のサビの輝きも必聴!

さて、最後に私が担当したパートについて。

今回は民族調曲ということもあり、バイオリンに関してはバイオリンとフィドルの中間くらいのイメージで弾かせていただきました。
バイオリンでも弾けそう!!となった後にらずりさんの手でバイオリンパートがもりもり増えていくさまはとても面白かったです(笑)

実はバイオリンの間奏と後奏のメロディは元々サビのメロディだったそうで、サビの後にまたサビが来ているような大変強い曲構成なのです(このフレーズ大好きすぎて歌パートにはないのによく歌っていました笑)。
そんなつよつよのバイオリンメロ、メロディの持つ空気感やにおいを大切にしたいなと思っていたので、少しでも表現できていたら嬉しいです。

さて、私が担当した歌唱パートについて、他の箇所は結構分かるんじゃないかと思うのですが…実は1番・2番ともにサビの入りで主旋律を歌わせていただいております。
「お前だったのか?!」となっている方もいらっしゃるかと思うのですが…大丈夫です、私もそう思っています(笑)

実はこれまでこの音域は出なかったのですが(「花雪」ラストは別)、春M3が終わってから色々な方の作品を聴いているうちに出るようになりました…歌の力ってすごい…(冗談のような本当の話ですが…)。
永久毎日さんの歌詞はやさしくも激しく、澄んでいながら大地に生きる人々の力強さも感じさせるような祈りの歌で、どの箇所もとっても素敵なのですが、特に、今は見えない銀の月が闇を照らす、という世界観が大好きだと熱弁していたららずりさんに担当パートにしていただきました…幸せです…。

今回コラボさせていただいた皆さまも、そうではない皆さまも、本当に色々な方との出会いに助けられて音楽活動を楽しませていただいております。ありがとうございます。

最後になりましたが、「雨の果て、祈りの歌を。」ぜひ聴いていただけたら大変嬉しいです…!

タイトルとURLをコピーしました